頭皮,赤い,かゆい,痛い,原因,抜け毛

頭皮が赤い、かゆいは要注意!?原因と抜け毛を対策するべき!?

頭がかゆいとはげる!?プロセスと育毛シャンプーのすすめ

読了までの目安時間:約 12分

 

  • 気がついたら頭を掻いている
  • なんか最近頭がかゆく感じてしまう

 

 

もしこのような状態、もしくは心当たりがあれば、

放っておくと後々に頭皮への

大きなダメージにつながってしまう可能性があります。

 

 

頭皮は非常にデリケートであることから

きちんとチェックし、異常を感じているのであれば、
早めにケアしておくことをおすすめします。

 

 

例えば、

 

  • 頭皮が赤くなっている
  • フケが多くなった
  • 髪の毛がベタベタしている

 

という状態に当てはまっているようであれば、

頭皮が栄養不足に陥っており、

炎症、乾燥を起こしている可能性があります。

 

 

そこでおすすめしているが育毛シャンプーです。

 

 

>>私がおすすめしている頭皮のケアはこちら<<

 

 

 

頭がかゆいとはげる!?その理由はなぜか?

 

頭がかゆくなっているということは、

頭皮が炎症を起こしている可能性があります。

 

 

私達の頭皮は、

血液を循環させることで必要な栄養を運び、

頭皮を正常な状態に保っています。

 

 

ですが、血液の循環が悪くなってくると、

当然栄養が十分に行き渡らなくなり、

異常を察知します。

 

 

私達の血液の流れの中で、

最もエネルギーを必要とするのはどの部位でしょうか?

 

 

もちろん頭頂部であり、

重力に逆らって血液を循環させるため、

血流が悪くるときに最も影響を受けやすいのです。

 

 

私達の体の仕組み上、十分な栄養が来ない場合、

 

・頭皮が炎症を起こす

・頭皮を守るために脂分を余計に出す

 

といったことが起こります。

 

 

ですが、脂分をいくら出したとしても、

炎症を起こしていることでこの脂分が乾燥してしまい、

フケとなって落ちてくるのです。

 

 

例えばあなたの周りの人で、フケが多い人、

整髪料をつけていないのに髪がベタついている人。

 

 

こんな人を見たことがないでしょうか?

 

 

実はこれが血流の悪化により、

炎症、乾燥を起こしている証明でもあります。

 

 

またフケが多くなっている場合、

頭皮を守るための脂分が極端に少なくなっている状態ですので、

髪の毛の質に重要な役割を持つ毛母細胞が
外気にさらされ、ダメージを受けてしまいます。

 

 

これが抜け毛へとつながっていくのです。

 

 

以上のことから、頭皮に何らかの異常を感じ取った場合は、

早めに対処をしておくのが望ましいでしょう。

 

 

>>私がおすすめしている頭皮のケアはこちら<<

 

 

育毛シャンプーは頭皮のかゆみにおすすめ。その理由とは?

 

このような血流の悪化は、

私達の日々の生活環境によって起こり、

その主な原因を挙げると、

ストレス、加齢、食生活の偏り、睡眠不足、酒、タバコなどです。

 

 

加齢はどんな人でも当たり前に起こるものですので、

これはしょうがないと言えます。

 

 

それ以外の部分で、あなたが自分で解消できるものが、

果たしてどれだけあるのか?ということになります。

 

 

実はこれこそが育毛シャンプーをおすすめする、

いちばん重要な理由だったりします。

 

 

多分ですが、すべて解消するのって、

かなり難しいのではないでしょうか?

 

 

例えば、私に当てはめてみると、

解消できるものが少ないです。

 

 

私は事務の仕事をしていますが、

接客の業務もしているため、

理不尽なクレームを受けることも多いです。

 

 

ですのでストレスは溜まりますし、

生活のためには仕事をする必要があるため、

ストレスを全く感じないようにするのは難しいです。

 

 

睡眠不足もですが、仕事をしながら子育ても行い、

家事もしていますので、自分の自由な時間を持つためには、

やはり睡眠時間を削る必要があります。

 

 

あるいは、夜勤なんかがある仕事であれば

睡眠不足は当たり前ですし、

忙しい方であれば食生活も常に規則正しく

というわけにもいかないでしょう。

 

 

つまり、自分の生活を大きく変えずに、

対処できる方が望ましい方が多いということです。

 

 

育毛シャンプーをおすすめするのは、

こういった生活スタイルを変えるのが

難しい人が多いことが最も大きな理由と言えます。

 

 

>>私がおすすめしている頭皮のケアはこちら<<

 

 

育毛シャンプーは成分も一通り入っているが、実は価格もリーズナブル

 

育毛という単語を聞いた時点で、

懸念してしまう方も少なくないようです。

 

 

私も最初に友人から勧められた時は、

 

「いや、まだ剥げてねーし」

 

と突っぱねたことがあります。

 

 

今では正直に受け入れて正解でしたが(笑)

 

 

まず育毛シャンプーをおすすめするのが、

 

  • 血流を解消するため、センブリを始めとし、アミノ酸系が多い
  • 強い抗炎症作用があるグリチルリチンジカリウムを含む
  • 乾燥を抑えるため、高麗人参などの生薬を含む
  • 保湿効果のため、ヨモギなどの生薬を含む

 

など、頭皮のケアに必要な成分が、

一通り含まれていることから、

複数の商品を同時に使う必要がなく、

これ1つでケアできるということです。

 

 

これらの成分は育毛には定番であり、

例外なく含まれていると言っても過言ではありません。

 

 

また、どれも生薬を用いていますので、

価格も高いと思われがちですが、

実は意外と価格もリーズナブルです。

 

 

1万円、2万円になると思っている人も多いようですが、

実は3,000円程度のものばかりです。

 

 

ですので、毎月の費用はそこまでかけたくない、

という人にもおすすめできます。

 

 

私も毎月の家計はそこまで余裕があるわけではないので、

大きな負担は避けたかったのですが、

この金額ぐらいであれば、続けられるかな?という印象でした。

 

 

 

 

これは知っておきたい育毛シャンプーのデメリット

 

もちろん育毛シャンプーにはデメリットもあります。

 

 

それは、価格が安いということは、

成分量もそれなりということです。

 

 

つまり、価格は二の次に考え、

効果や成分量を重視する人には向かない

ということになります。

 

 

例えば同じような生薬を含んでいるものに

育毛剤があります。

 

 

育毛剤はシャンプーと違い、

生薬のエキス量が非常に多く、

効果を重視する方向けのものです。

 

 

ちなみに、生薬をそのまま配合しているケースも多いため、

ドロッとしていますし、生薬特有の匂いもします。

 

 

価格も高く、1万円を超えるものがほとんどですが、

成分量は育毛シャンプーよりも多くなります。

 

 

育毛シャンプーは価格を抑えている分、

成分量という点で劣りますので、

毎月の負担を少なくして長期的に使用を続けられる方向け

というイメージになります。

 

 

 

ちなみに私が実際に使用した経過ですが、

 

①1~3ヶ月

そこまでは効果を感じないが、かゆみが取れてきた。

フケも少なくなってきた気がする。

 

②3~4ヶ月

頭が赤いのが段々と無くなってきた。

フケも明らかに少なくなってきた。

 

 

③5~6ヶ月

髪が脂っぽくなっているのが良くなった。

 

 

 

という感じで、はっきりとした効果を実感するまで

半年ぐらいはかかったと思います。

 

 

商品によっては公式サイトにも、

最低3ヶ月、できれば半年は使ってほしいと

記載されているものもありますので、

やはり相応の期間は必要だと思われます。

 

 

以上のデメリットを踏まえた上で、

購入を検討してみても良いかもしれませんね。

 

 

 

>>私がおすすめしている頭皮のケアはこちら<<

 

 

 

タグ :  

ハゲと血行 頭皮と抜け毛    コメント:0

頭皮の生え際が赤いのは要注意!?脂漏性皮膚炎とは?

読了までの目安時間:約 11分

 

私達の頭皮は通常、

肌色もしくは灰色になっていますが、
まれに生え際のところが赤くなることがあります。

 

 

これは頭皮が炎症を起こし、乾燥している事によるもので、

頭皮が少なからずダメージを受けている可能性があります。

 

 

炎症を起こしてしまうのは、血行不良による可能性が高く、

十分な栄養が行き渡っていないことで起こります。

 

 

私達は血液の流れによって酸素はもちろん、

必要な栄養素を各器官に運ぶことになります。

 

 

それは頭皮も例外ではなく、

血行不良を起こすことで栄養不足になるのです。

 

 

炎症、乾燥、血行不良などを判断するポイントとしては、

 

  • 頭皮が痒く感じる
  • フケが多くなっている気がする
  • 頭皮が脂っぽく感じる

 

などの症状が考えられます。

 

 

もしこれらのどれかに当てはまっているのであれば、

頭皮がダメージを負っている可能性が高く、

最終的に抜け毛、薄毛の症状に繋がります。

 

 

私達の頭皮には、皮脂と呼ばれる脂分があり、

頭皮を外気から守ってくれています。

 

 

ですが、頭皮が炎症、乾燥することで、

この脂分がフケとなって落ちてきます。

 

 

つまり、本来頭皮を守るために必要な皮脂が少なくなり、

頭皮が外気にさらされてしまうのです。

 

 

こういった理由から、頭皮が赤いと感じているのであれば、

早めに頭皮のケアを行い、最小限にとどめておくのが望ましいでしょう。

 

 

 

>>私がおすすめの頭皮のケア方法はこちら<<

 

 

 

頭皮の生え際が赤くなるのは脂漏性皮膚炎?

 

 

炎症、乾燥に加えて、頭皮が油っぽく感じているのであれば、

脂漏性皮膚炎と呼ばれる、菌の繁殖の可能性があります。

 

 

私達の頭皮には皮脂が付着していますが、

この皮脂は一定の量になるように、

体が自動で調整してくれるのです。

 

 

ですが、頭皮が炎症を起こし、

異常を察知した場合は、頭皮を守るために、

皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

 

 

ですが、いくら皮脂を過剰に分泌しても、

乾燥してしまうため、フケとなって落ちていきます。

 

 

脂っぽく感じたり、フケが多くなったりするのは、

この皮脂の過剰分泌が原因となります。

 

 

皮脂を守るために行われることですので、

普通は良いことのように感じますが、実はそうではありません。

 

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、

マラセチア菌と呼ばれる細菌が繁殖しやすくなります。

 

 

この菌は、皮脂を食べることで繁殖し、

急激にぞの数を増やしてしまいます。

 

 

皮脂が多くなっていればなっているほど、

菌が繁殖しやすくなるのです。

 

 

更にマラセチア菌は、酸性の液を出す特徴があるため、

頭皮に酸が降りかかることになります。

 

 

これがかゆみの原因となり、

頭皮がダメージを受ける原因となるのです。

 

 

皮脂は私達の頭皮を守ってくれる反面、

過剰に分泌されることで菌が繁殖し、

頭皮へのダメージに繋がることになります。

 

 

 

>>マラセチア菌を繁殖させない!私が行っている頭皮のケアはこちら<<

 

 

 

頭皮が赤い原因を解決したい!私がおすすめしているのはこれ

 

もちろん普通の生活をしている限りは、

頭皮が赤くなるということはまずありません。

 

 

ですが、あなた自身の生活習慣により、

頭皮の血行が悪くなっていくのです。

 

 

その一例を挙げると

 

  • 偏った食生活をしている
  • 睡眠が不足している
  • ストレスを感じることが多い
  • 加齢によるもの
  • 多量のお酒、タバコ

 

などがその例ですが、一言で言えば、

体に良くない生活をしていれば、

頭皮にも影響が出てくるということです。

 

 

加齢はどんな人にも起こるものですので、

これは除外しますが、それ以外の原因は、

自分の生活週間が原因と言えます。

 

 

ですので、バランスの良い食事、

規則正しい生活、ストレスを溜めないようにするのが、

最も重要と言えるでしょう、

 

 

とは言え、そこまで簡単に自分の生活習慣を変えるのは、

ぶっちゃけかなり難しいのではないでしょうか?

 

 

例えば私の場合は事務仕事ですし、

接客も行いますので、クレームを受けることはもちろん、

職場の人間関係で悩むことも少なくないため、

ストレスはそれなりに溜まります。

 

 

あるいは交代制の勤務をしているような人であれば、

生活習慣が乱れやすくなりますし、

睡眠を十分に取れないこともあるでしょう。

 

 

更に言えば、家事、育児をしている人であれば、

どうしても家のこと、子供のことを優先し、

生活が乱れやすくなることもあります。

 

 

つまり、多くの人が生活スタイルを見直したくてもできず、

血行不良の原因になりやすい生活をせざるを得ない

ということになります。

 

 

そこで、私が実際に使用し、

おすすめしているのは育毛シャンプーです。

 

 

>>私がおすすめしている育毛シャンプー5選はこちら<<

 

 

脂漏性皮膚炎、頭皮のケアにおすすめの育毛シャンプー

 

自分の生活スタイルをそこまで変えずに、

頭皮のケアしたい方には、

育毛シャンプーがおすすめできます。

 

 

その理由としては、

 

  • 頭皮の血行が悪化  → アミノ酸を含み、血流を安定させる
  • 頭皮が乾燥している → 保湿成分を含む生薬を配合している
  • 頭皮が炎症を起こす → 炎症を抑える生薬を配合している
  • 菌が繁殖してしまう → 保湿、菌の繁殖を防いでくれる薬用生薬を配合

 

など、これらの生薬が1つの状態で配合されていることから、

普段の生活の中でシャンプーを差し替えるだけで良く、

負担にならない範囲で頭皮のケアができるためです。

 

 

それでいて価格もそこまで高くはなく、

殆どの育毛シャンプーが3,000~4,000円で購入できます。

 

 

時間がなく、生活スタイルの改善も難しく、

それでいてお金もそこまでかけたくない。

 

 

これは私のわがままでしたが、

そんな希望をきちんと叶えてくれたのが育毛シャンプーです。

 

 

とはいえ、良いことだらけではなく、

もちろんデメリットもあります。

 

 

それは、価格に見合った成分量であるということです。

 

 

これはシャンプーに限らず、

どのような商品にも言えることですが、

成分量と価格は比例する傾向にあります。

 

 

例えば性能が良い家電製品を買おうと思えば、

やはり価格も高くなっていきますし、

逆に安さだけを追求すれば、

性能が低い商品を選ばざるを得なくなるのと一緒です。

 

 

ですので、育毛シャンプーはあくまで、

効果と価格がそれなりでもかまわないという方向けになります。

 

 

私はそこまで給料も高くありませんし、

毎月の負担にならない程度でケアできれば良いと思っていました。

 

 

それが見事に育毛シャンプーとマッチしたということになります。

 

 

 

>>私がおすすめしている育毛シャンプー5選はこちら<<

 

 

 

 

 

タグ :    

頭皮と抜け毛 頭皮と脂分    コメント:0