頭皮,赤い,かゆい,痛い,原因,抜け毛

頭皮が赤い、かゆいは要注意!?原因と抜け毛を対策するべき!?

頭皮の脂が過多に出る原因とは?出しすぎを抑えたい方へ

読了までの目安時間:約 14分

 

私達の頭皮には、皮脂と呼ばれる脂が付着しており、

頭皮がダメージを受けるのを防いでいます。

 

 

この皮脂の量は、私達の体の仕組み上、

一定の量になるように調整されており、

バランスを保つようにできているのです。

 

 

ですが、私達の健康状態によっては、

皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、

 

  • 脂のような臭いが出てくる
  • 細菌が繁殖しやすくなる
  • 脂分の多いフケが目立つようになる

 

など、良くない影響が出てくるのです。

 

 

これらの中で最も気づきやすいのは、

フケが目立つことです。

 

 

例えばあなた自身、あるいはあなたの周りに、

服の襟の部分に大きめのフケが付いているのを

見たり、あるいは指摘されたりしていないでしょうか?

 

 

少なくとも一人くらいは見たことがあるでしょう。

 

 

これが最もわかりやすい例です。

 

 

髪をきちんと洗っているのにも関わらずフケが多い場合、

皮脂が過剰に分泌されている可能性が高いです。

 

 

更に、この過剰分泌が続いていくると、

毛根のダメージへと繋がり、

最終的に抜け毛が目立ってくるようになります。

 

 

先程の症状に心当たりがある場合は、

早めの対策をして頭皮を良い状態にしておくのが望ましいでしょう。

 

 

>>私が行っている頭皮のケア対策はこちら<<

 

 

 

頭皮の脂が過多に出る原因とは?その対策はできるのか?

 

では皮脂が過剰に分泌される原因は、

どのようなものが考えられるのでしょうか?

 

 

それは一言で言えば、体に悪い生活をしていれば、

皮脂の過剰分泌が起きやすくなります。

 

 

例を挙げると、

 

  • 睡眠時間が短い
  • 食生活が偏っている
  • 不規則な生活
  • 強いストレス
  • お酒の飲みすぎ、タバコを吸う
  • 加齢によるもの

 

など、これらの原因があります。

 

 

加齢だけはどうしようもないことなので除外しますが、

それ以外に体に良くない生活を続けていると、

真っ先に起こるのが血流の悪化です。

 

 

私達は血液を循環させ、

酸素を始めさまざまな栄養素を運ぶことで

健康状態を維持しています。

 

 

これはもちろん頭皮も例外ではありません。

 

 

頭皮の場合は、血流が悪くなってくると、

栄養が行き渡りにくくなり、

異常を察知した頭皮が皮脂を過剰に分泌するのです。

 

 

この状態が続くと、頭皮が炎症を起こし、

乾燥状態になってくるのです。

 

 

これにより、皮脂が固形化され、

フケとなって落ちてきます。

 

 

また、皮脂が落ちてしまうということは、

頭皮を守る成分が少なくなってくるため、

髪の毛を育てる毛母細胞が外気にさらされ、

ダメージを受けやすくなり、抜け毛につながるのです。

 

 

ちなみに、毛母細胞が最もダメージを受ける要因として、

紫外線があります。

 

 

紫外線を長時間浴びるのは体に良くない

というイメージを持っている方も多いと思いますが、

もちろんこれは頭皮にも当てはまります。

 

 

 

以上が皮脂の過剰分泌、それに伴って起こる症状、

最終的に抜け毛につながるプロセスになります。

 

 

では、これらのプロセスを防ぎ、

頭皮のケアをするにはどのような方法がおすすめか?

 

 

そこで私がおすすめするのは、

育毛シャンプーを活用し、頭皮のダメージを防ぎつつ、

毛母細胞のケアをしていく方法です。

 

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

 

頭皮の皮脂の出しすぎを抑えたい方へおすすめ

 

皮脂の過剰分泌は、あなたの体の健康状態によります。

 

 

ですので、健康な食生活、睡眠を心がけ、

生活スタイルを見直すことである程度は改善できます。

 

 

ですが、現在ではそれもなかなか実践できない

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

例えば私の例をお話すると、

 

◯仕事の残業が多い職場

◯家事、育児も行っている

◯忙しいときは食事も手を抜いたりする

◯睡眠時間を削ってようやくプライベートの時間ができる

 

といった感じです。

 

 

これはあくまで私の場合ですが、

あなたが社会人であれば、

これらのケースに当てはまる部分があるのではないでしょうか?

 

 

例えば交代制の職場にいる場合は、

睡眠不足はつきものですし、不規則な生活になりがちです。

 

 

仕事をしながら家事、育児をしていれば、

自分の食事を適当に済ませたり、

睡眠不足に陥ることも珍しくありません。

 

 

仕事内容によっては、

人間関係などのストレスに悩まされることも多いでしょう。

 

 

そんな方にこそ、育毛シャンプーをおすすめします。

 

 

育毛シャンプーはこの皮脂の過剰分泌から抜け毛まで、

対策できる生薬が一通り含まれていることから、

外的な頭皮のケアに最適です。

 

 

そのケアのいち部をご紹介すると、

 

皮脂の過剰分泌  → 保湿効果がある生薬により、過剰分泌を防ぐ

頭皮の血流が悪化 → アミノ酸を配合し、血流を良くしてくれる

乾燥によるフケ  → 保湿効果がある生薬により、乾燥を防ぐ

頭皮が炎症する  → 炎症を抑える生薬を使用している

 

など、育毛シャンプーには例外なく

これらの生薬が含まれていることから、

頭皮のケアに最適と言えます。

 

 

最近では育毛シャンプーの価格もだいぶリーズナブルになり、

殆どのものが3,000円程度で購入することができるため、

まずは試してみたい!という方にもおすすめです。

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

 

知っておきたい育毛シャンプーのデメリットとは

 

とは言え、育毛シャンプーにも当然デメリットがあります。

 

 

それは、価格に見合った成分量であるということです。

 

 

同じような生薬を配合したものに育毛剤がありますが、

育毛シャンプーと育毛剤は微妙にニュアンスが違います。

 

 

それは、シャンプーと一体になっているか、

それとも別のものとして扱っているかです。

 

 

育毛剤の方が成分量が多いため、

成分量にこだわるのであれば、

育毛シャンプーは不向きということです。

 

 

まず育毛剤は、シャンプーをして髪を洗い流したあと、

育毛成分の液体を頭皮に浸すようなイメージです。

 

 

液体もドロッとしているものが多く、

ゆっくりと頭皮に浸透していきます。

 

 

繰り返しになりますが、シャンプーに混ぜていない分、

含まれている生薬の量も多いのが特徴です。

 

 

もちろん、成分量が多い分価格も高く、

大抵のものが1ヶ月分の数量で1万円以上、

高いものであれば2万円を超えるのも珍しくありません。

 

 

ですので、価格を二の次に考え、

成分量を重視する場合の方向けと言えます。

 

 

これに対して育毛シャンプーは、

含まれている生薬こそある程度共通しているものの、

シャンプーに混ぜている分、成分量は育毛剤よりも少なくなります。

 

 

価格も育毛剤の半額以下に抑えることができるため、

効果、価格の両方のバランスをとりたい方向け

というイメージになります。

 

 

また、育毛剤と同様に生薬特有の匂いがありますが、

シャンプーに混ぜている分、そこまで気になりません。

 

 

 

 

以上が両者の違いになりますが、

私の場合は毎月何万円も出費するのは少し・・・という感じでしたし、

そこまで抜け毛がひどくなっていなかったので、

まずは育毛シャンプーから試してみることにしました。

 

 

その他にも、デザイン面と返金保証など、

私から見て納得できる部分が多かったのもポイントです。

 

 

まずデザイン面ですが、育毛系の商品を使っているのって、

人にあまり知られたくないって思いませんか?

 

 

私は自分でも意味不明なプライドがあり、

育毛商品を使っているのは、

基本的に知られたくありませんでした。

 

 

家族にも知られたくなかったのですが、

結局バレてしまいました(笑)

 

 

最近の育毛シャンプーは、見た目では全くわからないほど、

デザイン面もこだわって作られており、

このように配慮されているのが個人的に気に入りました。

 

 

次に割引に関してですが、

以前は高額な商品にしか付いていない返金保証ですが、

最近では育毛シャンプーでも付いているケースが多いです。

 

 

あるいは返金保証がなくても、初回の購入価格が

非常に安く設定されてたりと、

購入する上でのハードルが非常に低くなっています。

 

 

ですので、お試しで購入したとしても、

失敗してお金を損するのを防ぐことができます。

 

 

私が育毛シャンプーを選択したのは、

こういった理由もあります。

 

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

タグ :    

頭皮と脂分    コメント:0

フケは赤い頭皮が原因!?頭皮のケアはどんな方法がおすすめ?

読了までの目安時間:約 12分

 

頭をきちんと洗っているのに、

何故かフケが多く出て不潔に見える。

 

 

このような悩みを持っている人は少なくないようです。

 

 

特に男性の場合、スーツを着ていると、
襟の部分にフケが溜まっている人を見かけます。

 

 

これは不潔にしていることが原因というわけではなく、

頭皮が赤くなっている可能性があります。

 

 

普通の頭皮であれば肌色もしくは灰色になっているので、

頭皮が赤くなっているということは、

少なくとも正常な状態とは言えません。

 

 

この状態は頭皮が炎症し、乾燥していることで起こり、

頭皮に付着している脂分がフケとなって落ちているのです。

 

 

もちろん髪をきちんと洗っていても、

このような症状が起こる可能性があります。

 

 

更に、この状態を放っておいた場合、

頭皮がダメージを受け、最終的に抜け毛、薄毛の原因となりますので、

できる限り早めに対策しておくのが望ましいでしょう。

 

 

>>私が行っている頭皮のケアはこちら<<

 

 

 

フケは赤い頭皮が原因

 

フケが多量に出ているのは、

頭皮が炎症によって赤くなり、

乾燥していることで起こります。

 

 

では、頭皮が炎症を起こす原因を挙げてみると、

 

  • 強いストレス
  • 過度の飲酒やタバコ
  • 栄養の偏り
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 加齢による衰え

 

など、さまざまなものがあります。

 

 

フケが多い人は、このような原因に、

少なからず心当たりがあるのではないでしょうか?

 

 

加齢はどのような人でも起こることなのですが、

それ以外のことを端的に言うと、

体に良くない生活を続けていれば、

頭皮が痛みやすい原因につながっていくことになります。

 

 

このような生活をしている場合、

まず最初に起こってくるのが、

血液の流れが悪くなるということです。

 

 

私達は血液を循環させることで、

酸素はもちろん、各器官に必要な栄養素を運んでいます。

 

 

当然のことですが、血液の流れが悪くなるということは、

栄養素が行き渡りにくくなり、

その結果、異常が起きてきます。

 

 

頭皮の場合は、これが炎症につながります。

 

 

特に頭頂部は、重力の関係上、

最も高い位置にありますので、

血液の流れが悪くなる影響を受けやすいのです。

 

 

頭皮が赤くなる原因にどうやって対処していけば良いか?

 

頭皮が炎症を起こす原因がわかっているのであれば、
もちろんその原因を無くすのが確実です。

 

 

とは言え、社会人であれば、

すべてを完全に解決するのが難しいのではないでしょうか?

 

 

例えばストレス。

 

 

私の場合は、仕事上で多数のお客様と関わりますので、

クレームをもらうこともありますし、

職場の人間関係に悩まされることもあります。

 

 

経験をある程度積んだ今ではそれなりに対処もできますが、

全くストレスを感じないで仕事をすることは難しいです。

 

 

次に不規則な生活や食事。

 

 

これは仕事が忙しい時や、

家事、育児をしているときなどは、

常に規則正しい生活をすることができないときもあります。

 

 

疲れていても家事、育児はやらなければなりませんし、

仕事で忙しいときは食生活も乱れやすいです。

 

 

食事に手を抜くことだって普通にありますし。

睡眠時間が短いときもあります。

 

 

これはあくまで私の例ですが、同じような状況で、

なかなか自分で頭皮のケアができない

という人も多いのではないでしょうか?

 

 

そこで私が実践している方法。

 

 

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

>>私が選んだおすすめ育毛シャンプーの5選はこちら<<

 

 

 

育毛シャンプーで頭皮のケアがおすすめ。その理由とは?

 

 

私は自分の生活スタイルの都合上、

頭皮の炎症の原因をすべて無くすのは難しく、

他の方法で対処するのが良いと思い、

育毛シャンプーの使用に踏み切ることにしました。

 

 

私も最初は友人から勧められたのですが、

最初に育毛・・・という単語を聞いて、

自分はハゲていない!と反発し、

なかなか踏み切ることができませんでした。

 

 

とは言え、今だからこそ言えますが、

本当に早めに対処してよかったと思います。

 

 

これ、大事なことなのでもう一回言いますが、

マジで早めに対処したほうが良いです。

 

 

放っていたら、抜け毛に悩まされ、

髪の毛が多量に落ちている・・・

なんて状況になっていたかもしれません。

 

 

さて、育毛シャンプーをおすすめする理由は、

 

  • 症状と成分が完全にマッチしている
  • 価格がリーズナブル
  • 見た目がそこまで気にならない

 

これら3つです。

 

 

まず症状と成分ですが、

 

  • 頭皮の炎症・・・炎症を抑える生薬を配合している
  • 頭皮の乾燥・・・保湿効果があり、乾燥によるフケを防ぐ生薬がある
  • 血流が悪い・・・血流を良くしてくれるアミノ酸等が含まれる

 

など、症状に対して効果のある成分が、

一通り含まれており、1つのシャンプーで対処できるためです。

 

 

私は面倒なことが好きではないため、

これをやってあれをやってというのはイヤでした。

 

 

本当にめんどくさがりなのです(笑)

 

 

その点、育毛シャンプーであれば1つだけで済み、

そこまで手間がかからないので、本当に楽です。

 

 

私のようなものぐさでも、十分に続けられます(笑)

 

 

次に価格面です。

 

 

育毛系の商品ってかなり価格が高いイメージがあり、

少なくとも1~2万円はかかると思っていました。

 

 

そんなに毎月お金を出していられない・・・

と思っていたのですが、意外にも価格は

そこまで高くはありません。

 

 

大体のものが3,000円から4,000円で

購入することができますので、

このぐらいであればなんとかなると思います。

 

 

更に返金保証が付いているシャンプーや、

初回の購入価格が大幅に割引になっている

ものもありますので、お試しで購入することもできます。

 

 

どんなに優秀なものであっても、

価格が高すぎると長続きしないと思っていますので、

このリーズナブルな価格設定は本当に助かります。

 

 

最後に、見た目のこだわりです。

 

 

私は育毛系の商品を使っているのは、

基本的に身内には知られたくなかったです。

 

 

今考えてみると、

本当にしょうがないプライドだとは思いますが、

それでも嫌だったのです(笑)

 

 

こういった点にも、ほとんどの育毛シャンプーが

きちんと配慮してくれています。

 

 

実は最近の育毛シャンプーは、成分を細かく見ない限り、

育毛商品だと気づかれることはありません。

 

 

つまり、見た目が普通のシャンプーと変わらないように、

見た目にも配慮して作られているということです。

 

 

繰り返しますが、私は育毛シャンプーを使っているのは、

基本的に身内であっても知られたくはありませんでした。

 

 

ですので、個人的にはこの部分の配慮は、

本当に助かっています。

 

 


 

 

以上が私が育毛シャンプーをおすすめする理由です。

 

 

もしあなたがフケや赤い頭皮に悩み、

生活スタイルを変えずに対処をしようと思っているのであれば。

 

 

育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

>>私が選んだおすすめ育毛シャンプーの5選はこちら<<

 

 

タグ :   

頭皮と抜け毛 頭皮と血行    コメント:0

頭皮が赤いのはストレスから来る!?その原因と不調を治すには?

読了までの目安時間:約 14分

 

私は以前、自他共に認めるほどの

ブラック企業に勤めていたことがあります。

 

 

当時は朝の勤務開始が9時で、

仕事が終了するのがだいたい23時ぐらい。

 

 

毎日13,4時間ほどの労働時間でした。

 

 

しかも休みは月に3日程度で、

残業も一定時間分しか出ない。

 

 

これ、立派なブラック企業ですよね?

 

 

当時は副所長という肩書があったこともあり、

責任が重い仕事も多く、そして労働時間も

長かったので、ストレスが溜まりまくりでした。

 

 

 

今ではいい経験になったと笑い話にできますが、

当時は本当にきつく、そして些細なことで、

イライラが募るような生活を送っていました。

 

 

そんなときに家族から指摘されたのが、

頭が赤くなっていないか?というものです。

 

 

当時は自分の容姿にそこまで気を配る余裕も
なかったのですが、改めて自分の頭を見てみると、

確かに薄っすらと赤くなっていました。

 

 

また、同時に言われたのが、

抜け毛が目立っていること。

 

 

自分の部屋でコロコロをかけると、

髪の毛が明らかに多めにくっついている。

 

 

このままではハゲになってしまうとマジで心配になり、

自分なりの対策を取ることにしました。

 

 

 

>>私が頭皮の赤みを治す際に使用したものはこちら<<

 

 

 

頭皮が赤いのはストレスから来るもの?

 

私の場合はストレスが原因でしたが、

頭皮が赤くなる要因は、

もちろんそれだけではありません。

 

 

その他には、睡眠不足、食生活の乱れ、

不規則な生活などがあり、一言で言うと、

体に悪いことを続けていれば頭皮が赤くなってきます。

 

 

では、頭皮が赤くなっているのはどのような仕組みで、

放っておくと、どのようになっていくのでしょうか?

 

 

まず、頭皮が赤くなっているのは、

体全体の血行が悪くなっていることによって起こります。

 

 

私達は血液を全身に行き渡らせることで、

各器官に栄養素を運んでいきます。

 

 

ですが、血行が悪くなっていくと、

十分な栄養が行き渡らなくなり、

頭皮の場合は炎症を起こし、赤くなります。

 

 

炎症=赤いという構図は、

なんとなくイメージが付くのではないでしょうか?

 

 

頭皮が炎症を起こしていると、

保湿効果が失われ、乾燥しやすくなります。

 

 

最終的には髪の毛が生えるのに必要な、

毛母細胞が外気にさらされ、

ダメージを受けやすくなり、抜け毛につながっていきます。

 

 

また、頭皮には皮脂と呼ばれる脂分が付着し、

これによって外気から守ってくれています。

 

 

乾燥が進むことで、皮脂が固形化し、

フケとなって落ちていくのです。

 

 

例えば服の襟の部分に、

大きめのフケが付いている人を見たことがあると思います。

 

 

これは頭皮が乾燥することで皮脂が固形化し、

フケとなって落ちている症状となります。

 

 

このように、頭皮が赤くなっているのは、

血行不良によってダメージを受け、

抜け毛の症状につながっていくため、

早い段階で対処を行うのが望ましいでしょう。

 

 

 

とは言え、当時の私はブラック企業と言えど、

上の方への義理もあり、すぐに辞めるわけにもいかず、

どうしようもない状態でした。

 

 

そこで私が対策をしたのが、

育毛シャンプーの使用です。

 

 

>>私が頭皮の赤みを治す際に使用した育毛シャンプーはこちら<<

 

 

頭皮の不調を治すための育毛シャンプーのすすめ

 

 

私の場合は、友人の勧めで育毛シャンプーを

使用することにしました。

 

 

もちろん最初は、育毛という単語を聞いた時点で、

あまり良いイメージが湧きませんでしたし、

何よりも自分はハゲていない!と聞き流していました。

 

 

ですが、頭皮が赤みを指摘され、自分でも薄々気づいていましたし、

何よりも抜け毛が目立ち始めていたこともあり、

熱心に説得されました(笑)

 

 

今だからこそ言えますが、育毛シャンプーと言っても、

そこまでガチガチに構える必要はなく、

単純に使用しているシャンプーに生薬が入っているだけです。

 

 

例えば、

 

 

◯頭皮が赤く、炎症を起こしている

→ 炎症を抑える生薬を含んでいる

 

◯頭皮が乾燥している

→ 保湿効果があり、潤いをもたらす生薬を含んでいる

 

◯頭皮が血行不良を起こしている

→ アミノ酸を配合し、血行不良を改善する

 

 

など、自分の症状と完全にマッチしていました。

 

 

これ以上放っておくと、

ダメージが大きくなっていくだけで、

自分の生活を大きく変えるのは難しい。

 

 

そういったこともあり、

育毛シャンプーを使用することにしました。

 

 

では、気になるその結果ですが、

ざっくりと紹介すると、このような感じです。

 

 

1~15日・・・そこまで劇的な変化は見られなかった

16~30日・・・頭皮のかゆみが減ったきたきがする

31~45日・・・頭皮の赤みがなくなってきたと言われた

46~60日・・・フケが目立たなくなってきたと言われた

61~90日・・・コロコロで取れる髪の毛が少なくなった

 

 

といった感じです。

 

 

これはあくまで私自身のざっくりとした感覚ですし、

そもそもここまで細かく日記を付けていたわけでもないのですが、

2~3ヶ月程度で症状が良くなったと記憶しています。

 

 

普通のシャンプーを育毛シャンプーに切り替えただけでしたが、

そのまま放っておかなくて本当に正解でした。

 

 

繰り返しになりますが、

私は当時、生活スタイルを変えるのが難しかったので、

その状態から対処できるのは、育毛シャンプーへの

切り替えぐらいしかありませんでした、

 

 

そんな状態でも、頭皮のケアは十分可能ということですね。

 

 

 

育毛シャンプーをおすすめする理由はこれ!

 

私が最終的に育毛シャンプーを選んだ理由は2つ。

 

 

それは、価格と見た目です。

 

 

まず価格に関してですが、最初にお伝えしたとおり、

私はブラック企業に努めていたのですが、

そこまで給料は高くありませんでした。

 

 

毎月の残業時間も150時間以上は当たり前でしたが、

給料は対して上がらず、むしろ普通の人と同じか、

安い方だったと思います。

 

 

年収も300万から400万ぐらいで、

ぶっちゃけ時給換算すれば、最低賃金すら下回っています(笑)

 

 

もちろん会社を恨んだりとか、そういうことではなく、

この給料で高額なものはちょっと買いたくなかった

ということをお伝えしたかったのです。

 

 

育毛系の商品って基本価格が高いイメージがあったので、

続けられる価格設定であることが大前提でした。

 

 

その点育毛シャンプーは、

普通のシャンプーに生薬を混ぜているものであり、

成分量は少し抑えめになっている分、

価格がリーズナブルのものが多いです。

 

 

1ヶ月分の数量で3,000円~4,000円程度で

購入できるものも多いですし、

定期購入なんかを活用すれば更に安くなったりもします。

 

 

10,000円以上などには決してならないため、

手頃な価格設定だと言えます。

 

 

また、このような手頃な価格設定であっても、

初回購入が安くなっていたり、

商品によっては返金保証が付いているものもあります。

 

 

これらがあることで、まずは試してみたいという方でも

だいぶハードルが下がっています。

 

 

次に見た目の話です。

 

 

自分でもしょうもない話だとは思うのですが、

基本的に育毛シャンプーを使っているのを、

人に知られたくないと思っていました。

 

 

繰り返し言いますが、

本当にしょうもないプライドだとは思っています(笑)

 

 

この点についても、

ほとんどの育毛シャンプーが配慮をしてくれていて、

見た目では育毛系の商品とわからないように作られています。

 

 

種類によっては、中の液体が見えないようになっており、

地味ですが、この点は本当に助かっています。

 

 

ですので、安心して風呂場に置くことができましたし、

出張先に持ち込むことも全く気になりません。

 

 


 

 

 

以上2点が、私が育毛シャンプーをおすすめする理由です。

 

 

もしあなたが頭皮の赤み、かゆみ、あるいは抜け毛で、

私のようにお悩みなのであれば。

 

 

まずは育毛シャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

>>私が頭皮の赤みを治す際に使用した育毛シャンプーはこちら<<

 

 

 

 

タグ :   

頭皮とストレス    コメント:0

頭の皮膚が赤いと感じたら要注意。原因と私が行っている対策は?

読了までの目安時間:約 14分

 

頭皮の色は普通、肌色から灰色となっており、

普段から赤くなっている人はまずいません。

 

 

ですので、自分の頭皮が赤い場合は、

何らかの異常が考えられます。

 

 

その原因として考えられるのは、

頭皮が炎症を起こしている状態です。

 

 

炎症を起こしている場合、頭皮の乾燥が起こり

それに伴うフケ、かゆみなどの症状が出てきますし、

最終的に抜け毛につながる可能性が高いため、

早めに対策をしておく必要があるでしょう。

 

 

ではなぜ頭皮が炎症を起こしてしまうのか?

 

 

その原因は一つではなく、

以下のものが考えられます。

 

 

  • 不規則な生活を送っている
  • 睡眠時間が明らかに短い
  • 偏った食生活をしている
  • 強いストレスを感じている
  • 加齢によるもの

 

 

など、炎症を起こす原因はさまざまあります。

 

 

>>私が実践している頭皮の炎症対策はこちら<<

 

 

 

頭の皮膚が赤いと感じたら要注意。その仕組とは?

 

では頭皮が赤くなるプロセスを簡単にご紹介します。

 

 

先程の原因に1つ、もしくは複数の該当がある場合、

まず真っ先に起こるのが、血行が悪くなることです。

 

 

血行は私達の体の各部位に、

必要な栄養素を運ぶ重要な役割を担っており、

これが悪くなっている場合、

各部位の栄養不足が起こります。

 

 

その中でも、頭の部分は心臓より上の位置にありますので、

血行不良が起きやすい部分でもあります。

 

 

血行不良が長く続いた場合は、

頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなり、

その結果、頭皮が炎症を起こしてしまうのです。

 

 

先ほどお伝えしましたが、

頭皮が炎症を起こしてしまうとフケが出てきますが、

これは炎症によって頭皮の脂分が固形化し、

フケとなって落ちてくるのです。

 

 

また、炎症を起こしていますので、

かゆみなどの症状も伴ってきます。

 

 

我慢できればよいのですが、

ほとんどの人が無意識のうちに頭を掻いてしまうので、

フケが落ちてくるのはもちろん、

髪の毛が生えてくる毛母細胞もダメージを受けてしまうのです。

 

 

これが血行不良と炎症、抜け毛のプロセスになります。

 

 

とは言え、先程の生活習慣をすべて改善できるか?

と言われても、殆どの人がすべてを完全に直すのは難しいでしょう。

 

 

企業に勤めている、育児や子育てをしているなど、

人それぞれ生活習慣には必ず事情があり、

簡単に改善できる人は少ないと思います。

 

 

例えば私は夜勤をしており、

生活習慣を変えるにはまず夜勤を辞める必要がありますが、

仕事の関係上、絶対に不可能でした。

 

 

そんな私でも、なんとかできないか?と思い、試した方法。

 

 

それは日々の生活で無理なく実施できる方法、

育毛シャンプーの使用です。

 

 

>>私が試した育毛シャンプーおすすめ5選はこちら<<

 

 

 

頭の皮膚が赤い原因を治す育毛シャンプーを活用する

 

私が育毛シャンプーにたどり着いたのは、

知人からの勧めでした。

 

 

当時の私は薄毛に悩まされてないと意固地になり、

あまり耳を貸すことはありませんでした。

 

 

ですが、頭皮の赤みと炎症、抜け毛のプロセスを丁寧に教えられ、

自分にバッチリと当てはまってしまっていたので、

大ダメージになる前に、きちんと手を打とう。

 

 

そのように考えました。

 

 

育毛差yんプーにしたのは、先程の炎症、乾燥、抜け毛の

プロセスに対して、効果的な成分をすべて対処

できるように作られている。

 

 

更に価格もそこまで高くなく、自分の生活習慣を

そこまで無理に変えることなく、続けることができる。

 

 

例えば、

 

◯頭皮の炎症・・・炎症を防ぐ成分が必ず入っている

◯乾燥、フケ・・・保湿や潤いを持つ生薬が必ず入っている

◯血行が悪い・・・血流を良くするアミノ酸等が必ず入っている

◯抜け毛・・・・・髪の毛を強くし、抜け毛や枝毛を防ぐ成分が

         必ず入っている

 

など、炎症から始まる抜け毛に対して、

すべての症状を抑える成分が含まれているためです。

 

 

これなら大丈夫かな?と思い、

試してみることにしました。

 

 

その結果ですが、やはり生活習慣を変えずに行うのは、

ストレスも溜まらず無理なくできました。

 

 

1週間、2週間と週単位でチェックしましたが、

 

1週間目・・・変わらず

2週間目・・・変わらず

3週間目・・・変わらず

4週間目・・・かゆみが減ったかな?はっきりとわからない程度

5週間目・・・首の後ろのフケが明らかに減った

6週間目・・・前の週と変わらず

7週間目・・・前の週と変わらず

8週間目・・・コロコロ集めていた抜け毛が少なくなった気が(笑)

9週間目・・・久々に知人に見てもらったら、赤くないと言われた!!

 

 

という結果でした。

 

 

時間はかかりましたが、

私はそこまで自分の髪が薄いと思わなかったので、

症状が軽かったのかもしれません。

 

 

なんにせよ、使用して本当に正解でした!

 

 

 

 

頭皮の赤みで私が行っている対策は育毛シャンプー。では育毛剤は?

 

育毛剤と育毛シャンプーは、

似ているようで微妙に違います。

 

 

単純にいうと、育毛剤の方が成分量が多く、

それでいて価格も高く、そして生薬特有の匂いもあります。

 

 

これに対して育毛シャンプーは、

成分はあくまでシャンプーに混ぜているものであり、

成分量は育毛剤ほど多くないが、価格は安め。

 

 

そしてシャンプーと混ぜている分、

匂いも育毛剤ほど気にはなりません。

 

 

育毛シャンプーのデメリットとしては、

成分量という点では育毛剤には劣るという点です。

 

 

効果を重視する人にとっては、

育毛シャンプーよりも育毛剤の方が優れていると言えるでしょう。

 

 

それでも私が育毛シャンプーを選択した理由。

 

 

それは価格と見た目です。

 

 

まず価格ですが、育毛剤はほとんどのものが1万円以上、

高いものであれば2万円を超えるものも珍しくありません。

 

 

その分成分量は優れているのでしょうが、

長く続けるにはどうしても価格がネックでした。

 

 

私自身、高給取りではありませんし、

長く続けても生活に支障がない方が望ましいと思いました。

 

 

育毛シャンプーに関しては数千円で購入できるものばかりで、

育毛剤の半額以下で購入することができます。

 

 

それでいて、成分量も半分ということではなく、

種類も一通りの生薬が含まれています。

 

 

次に見た目です。

 

 

私の場合いまさらとは言え、

育毛系の商品を使っているのを、

基本的に人に知られたくないというのが本音でした。

 

 

これ、同じような考えを持っている人も

多いのではないでしょうか?

 

 

私は小心者ですので、とにかく人には知られたくない。

できれば家族にもあまりおおっぴらにしてほしくなかった。

 

 

チャチなプライドがありました(笑)

 

 

そういう事情がありましたが、

最近の育毛シャンプーはデザイン面でもこだわりがあり、

普通に使用している分には、育毛シャンプーだと、

全く気づかないように、普通のデザインになっています。

 

 

もちろんスーパーなどで売っている定番シャンプーと

見た目は全く違いますが、育毛の文字すらも

入っていませんので、パット見は普通のシャンプーと

全く変わりません。

 

 

そのような配慮がされていることもあり、

育毛シャンプーの方がよいと思いました。

 

 

 

育毛剤、育毛シャンプーともにお試して購入することができる

 

最近では多くの商品に付いているのが、

返金保証や、初回購入費用を下げている方法です。

 

 

テレビショッピングなどでも当たり前に行われているため、

あなたもご存知なのではないでしょうか?

 

 

育毛剤は高額なものが多い分、

ほとんどの商品に返金保証が付いていますし、

育毛シャンプーであっても、返金保証が付いているものもあります。

 

 

このように配慮されていることから、

まずは一度試してみたいという方でも購入することができますし、

効果が出なくて金銭的な損をしてしまうということがなくなります。

 

 

私自身、失敗するのが怖くて、

返金保証が付いているものをいくつか購入し、試すことにしました。

 

 

何が自分に合うかわかりませんでしたし。

 

 

とは言え、返金保証が付いているのは良いですが、

一度返金保証を活用した場合は、

基本的にその商品はもう一度購入することはできません。

 

 

返金保証自体、効果が出ない、肌に合わないなど、

継続できない人向けに設定されているものですので、

その点はしょうがないと割り切るしかないでしょう。

 

 

それでも、この返金保証。

 

 

今では当たり前に付いていますが、

昔の健康食品などではほとんど付いていませんでしたし、

育毛シャンプーも付いたのは最近だったと思います。

 

 

本当に気軽に試すことができるようになったのだと思います。

 

 

>>私が試した育毛シャンプーおすすめ5選はこちら<<

 

 

タグ :   

頭の皮膚    コメント:0