頭皮,赤い,かゆい,痛い,原因,抜け毛

頭皮が赤い、かゆいは要注意!?原因と抜け毛を対策するべき!?

抜け毛は毛根の脂分が関係!?髪の毛が抜ける原因とは?

読了までの目安時間:約 11分

 

  • 最近、頭皮がベタベタするような気がする
  • 髪の毛がなんかおかしい気がする

 

 

そのように感じているのであれば、

自分の頭皮について、一度チェックすることを

おすすめします。

 

 

例えば、

 

  • 頭皮が脂っぽく感じている
  • 頭皮が赤くなっている
  • 頭皮がかゆくなっている

 

このような症状に心当たりがあるのであれば、

頭皮の血行が悪くなっている可能性があり、

放っておくと最終的に抜け毛の原因となります。

 

 

私達は血液を通じて、

体の各部位に必要な栄養素を運んでおり、

もちろん頭皮も例外ではありません。

 

 

では、血行が悪くなってくると、

どのような状態になっていくのでしょうか?

 

 

それは、頭皮に十分な栄養が行き渡らず、

炎症を起こし、乾燥、脂分の過剰な分泌などが起こります。

 

 

炎症を起こしているのであれば、

頭皮が赤くなっている可能性が高いです。

 

 

また、脂分の過剰な分泌が起こっていれば、

頭皮が脂っぽくなりますし、

髪の毛も脂分が多く感じるようになります。

 

 

例えば整髪料を使用していないのに、

髪の毛が脂っぽく見えてくるような症状も起こります。

 

 

更にいうと、脂分が多いということは、

匂いも出てくるようになります。

 

 

これらは放っておくと

後々大ダメージを負うことになりますので、

できる限り早めの段階で対処しておくのが望ましいです。

 

 

早めに対処をしておくことで、

抜け毛の量を少なくすることもできますし、

元通りになるまでの期間も短くすることができます。

 

 

 

>>私が実際に行った頭皮のケア方法はこちら<<

 

 

 

抜け毛は毛根の脂分が関係?その仕組みとは?

 

私達の頭皮には、皮脂と呼ばれる脂分が付着し、

皮膚を保護してくれています。

 

 

皮脂は頭皮に限らず、全身にあるもので、

紫外線などの外気から皮膚を守ってくれるのです。

 

 

また、私たちの体の仕組み上、

皮脂は適量となるように、

分泌量を調整してくれるようにできています。

 

 

ですが、頭皮が炎症を起こしたり、

十分な栄養素が運ばれていないなど、

異常を感じ取った場合、頭皮を守るために、

皮脂を過剰に分泌するようになります。

 

 

これは良いことのように感じますが、

実はその逆で、必要以上に脂分が皮膚にあると、

髪質も脂っぽくなったり、細菌が繁殖したりします。

 

 

これにより、皮膚がダメージを受けやすくなるのです。

 

 

また、繁殖される菌は、

マラセチア菌と呼ばれるものが多いのですが、

これは皮脂を栄養として一気にその量が増えていきます。

 

 

このマラセチア菌は酸を放出するという特徴があり、

毛母細胞がダメージを受け、髪の毛にも

異常が出てくるようになります。

 

 

このように、血行不良によって、

頭皮に栄養が行き渡らなくなると、

皮脂を始めとしてさまざまな影響があり、

最終的に抜け毛につながっていきます。

 

 

ですので、皮脂の過剰分泌を防ぎ、

血行不良を解消し、抜け毛を予防する。

 

 

このような対策をすることで、

ダメージを防ぐことができるようになります。

 

 

>>私が実際に行った頭皮のケア方法はこちら<<

 

 

 

頭皮へのダメージを防ぐためにおすすめの対策とは?

 

これらの症状を解消するのに、

最もおすすめできるのが育毛シャンプーです。

 

 

育毛と聞いた場合、なかなかハードルが高く感じますが、

実は普通のシャンプーに育毛成分を混ぜているだけであり、

特別な商品ということは全くありません。

 

 

価格も3,000円程度のものが多く、

そこまで高額なものではなく、

比較的リーズナブルな金額設定と言えます。

 

 

私も育毛系の商品は数万円ぐらいかかると思っていましたので、

最初は全く考えていなかったのですが、

このぐらいであれば続けることができると思いました。

 

 

また、抜け毛の原因となる症状を防いでくれる生薬を、

ひとまとめにして配合されていることから、

育毛シャンプー1つだけで十分にケアすることができます。

 

 

例えば、

 

  • 血行不良を起こしている・・・センブリエキスなどを配合し、血流を良くする
  • 炎症を起こしている・・・・・甘草を使用し、炎症を和らげてくれる
  • 乾燥している・・・・・・・・ヨモギなど保湿成分を持つ生薬を含む
  • 菌が繁殖してしまう・・・・・レイシエキスなど抗菌効果がある生薬を含む

 

など、抜け毛の症状に合わせた生薬が一通り含まれています。

 

 

どの育毛シャンプーであっても、

これらの定番成分は必ず含まれていることから、

どれを選べばよいのかわからないということもありません。

 

 

とは言え、もちろん育毛シャンプーにも

デメリットがあります。

 

 

例えば、同じような効果を持つ商品で育毛剤がありますが、

成分量や効果を重視するのであれば、

育毛剤の方が優れているということです。

 

 

育毛シャンプーと育毛剤は、

似ているようで微妙に異なりますが、

その違いをさっくりと言うと、

 

  • 育毛シャンプーは価格を抑えている分成分量で劣り、
  • 育毛剤は価格が高いものの、成分量が優れている

 

というイメージです。

 

 

つまり、価格を二の次で考え、

成分量を重視している方には不向きということです。

 

 

逆を言えば、

成分量よりも金額の負担が少ない方が良いとい人には、

育毛シャンプーはうってつけと言えるでしょう。

 

 

 

>>私が実際に使用した育毛シャンプーのおすすめ一覧はこちら<<

 

 

 

育毛シャンプーを使用し続けた私の経験は?

 

育毛シャンプーは、成分量が抑えられている分、

効果を実感するまでは相応の期間を要します。

 

 

これは私自身もそのように感じました。

 

 

ですが、毎月高い金額をかけるよりは、

負担が少ないほうが良いと思い、

育毛シャンプーを使用することに決めました。

 

 

実際に使用した期間とその効果を簡単にお話すると、

 

○最初の1ヶ月程度・・・とりあえず頭皮のかゆみが良くなった

○3ヶ月程度・・・・・・フケの量が少なくなってきた

○5ヶ月程度・・・・・・赤みも解消し、頭皮の脂っぽさも無くなった

            また、抜け毛も少なくなった

 

といった感じで、半年とまではいきませんが、

それなりの期間はかかったと思います。

 

 

とは言え、私の場合は1年ぐらいはかかるかなと

思っていました。

 

 

実際はその半分ぐらいで済んでますので、

思っていたよりは効果を実感するまでが、

短く済んだと思っています。

 

 

あくまで参考程度にはなりますが、

そこまで長くない期間で済むと

言えるのではないでしょうか?

 

 

>>私が実際に使用した育毛シャンプーのおすすめ一覧はこちら<<

 

 

 

 

タグ :   

頭の皮膚 頭皮と脂分    コメント:0

頭皮の生え際が赤いのは要注意!?脂漏性皮膚炎とは?

読了までの目安時間:約 11分

 

私達の頭皮は通常、

肌色もしくは灰色になっていますが、
まれに生え際のところが赤くなることがあります。

 

 

これは頭皮が炎症を起こし、乾燥している事によるもので、

頭皮が少なからずダメージを受けている可能性があります。

 

 

炎症を起こしてしまうのは、血行不良による可能性が高く、

十分な栄養が行き渡っていないことで起こります。

 

 

私達は血液の流れによって酸素はもちろん、

必要な栄養素を各器官に運ぶことになります。

 

 

それは頭皮も例外ではなく、

血行不良を起こすことで栄養不足になるのです。

 

 

炎症、乾燥、血行不良などを判断するポイントとしては、

 

  • 頭皮が痒く感じる
  • フケが多くなっている気がする
  • 頭皮が脂っぽく感じる

 

などの症状が考えられます。

 

 

もしこれらのどれかに当てはまっているのであれば、

頭皮がダメージを負っている可能性が高く、

最終的に抜け毛、薄毛の症状に繋がります。

 

 

私達の頭皮には、皮脂と呼ばれる脂分があり、

頭皮を外気から守ってくれています。

 

 

ですが、頭皮が炎症、乾燥することで、

この脂分がフケとなって落ちてきます。

 

 

つまり、本来頭皮を守るために必要な皮脂が少なくなり、

頭皮が外気にさらされてしまうのです。

 

 

こういった理由から、頭皮が赤いと感じているのであれば、

早めに頭皮のケアを行い、最小限にとどめておくのが望ましいでしょう。

 

 

 

>>私がおすすめの頭皮のケア方法はこちら<<

 

 

 

頭皮の生え際が赤くなるのは脂漏性皮膚炎?

 

 

炎症、乾燥に加えて、頭皮が油っぽく感じているのであれば、

脂漏性皮膚炎と呼ばれる、菌の繁殖の可能性があります。

 

 

私達の頭皮には皮脂が付着していますが、

この皮脂は一定の量になるように、

体が自動で調整してくれるのです。

 

 

ですが、頭皮が炎症を起こし、

異常を察知した場合は、頭皮を守るために、

皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

 

 

ですが、いくら皮脂を過剰に分泌しても、

乾燥してしまうため、フケとなって落ちていきます。

 

 

脂っぽく感じたり、フケが多くなったりするのは、

この皮脂の過剰分泌が原因となります。

 

 

皮脂を守るために行われることですので、

普通は良いことのように感じますが、実はそうではありません。

 

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、

マラセチア菌と呼ばれる細菌が繁殖しやすくなります。

 

 

この菌は、皮脂を食べることで繁殖し、

急激にぞの数を増やしてしまいます。

 

 

皮脂が多くなっていればなっているほど、

菌が繁殖しやすくなるのです。

 

 

更にマラセチア菌は、酸性の液を出す特徴があるため、

頭皮に酸が降りかかることになります。

 

 

これがかゆみの原因となり、

頭皮がダメージを受ける原因となるのです。

 

 

皮脂は私達の頭皮を守ってくれる反面、

過剰に分泌されることで菌が繁殖し、

頭皮へのダメージに繋がることになります。

 

 

 

>>マラセチア菌を繁殖させない!私が行っている頭皮のケアはこちら<<

 

 

 

頭皮が赤い原因を解決したい!私がおすすめしているのはこれ

 

もちろん普通の生活をしている限りは、

頭皮が赤くなるということはまずありません。

 

 

ですが、あなた自身の生活習慣により、

頭皮の血行が悪くなっていくのです。

 

 

その一例を挙げると

 

  • 偏った食生活をしている
  • 睡眠が不足している
  • ストレスを感じることが多い
  • 加齢によるもの
  • 多量のお酒、タバコ

 

などがその例ですが、一言で言えば、

体に良くない生活をしていれば、

頭皮にも影響が出てくるということです。

 

 

加齢はどんな人にも起こるものですので、

これは除外しますが、それ以外の原因は、

自分の生活週間が原因と言えます。

 

 

ですので、バランスの良い食事、

規則正しい生活、ストレスを溜めないようにするのが、

最も重要と言えるでしょう、

 

 

とは言え、そこまで簡単に自分の生活習慣を変えるのは、

ぶっちゃけかなり難しいのではないでしょうか?

 

 

例えば私の場合は事務仕事ですし、

接客も行いますので、クレームを受けることはもちろん、

職場の人間関係で悩むことも少なくないため、

ストレスはそれなりに溜まります。

 

 

あるいは交代制の勤務をしているような人であれば、

生活習慣が乱れやすくなりますし、

睡眠を十分に取れないこともあるでしょう。

 

 

更に言えば、家事、育児をしている人であれば、

どうしても家のこと、子供のことを優先し、

生活が乱れやすくなることもあります。

 

 

つまり、多くの人が生活スタイルを見直したくてもできず、

血行不良の原因になりやすい生活をせざるを得ない

ということになります。

 

 

そこで、私が実際に使用し、

おすすめしているのは育毛シャンプーです。

 

 

>>私がおすすめしている育毛シャンプー5選はこちら<<

 

 

脂漏性皮膚炎、頭皮のケアにおすすめの育毛シャンプー

 

自分の生活スタイルをそこまで変えずに、

頭皮のケアしたい方には、

育毛シャンプーがおすすめできます。

 

 

その理由としては、

 

  • 頭皮の血行が悪化  → アミノ酸を含み、血流を安定させる
  • 頭皮が乾燥している → 保湿成分を含む生薬を配合している
  • 頭皮が炎症を起こす → 炎症を抑える生薬を配合している
  • 菌が繁殖してしまう → 保湿、菌の繁殖を防いでくれる薬用生薬を配合

 

など、これらの生薬が1つの状態で配合されていることから、

普段の生活の中でシャンプーを差し替えるだけで良く、

負担にならない範囲で頭皮のケアができるためです。

 

 

それでいて価格もそこまで高くはなく、

殆どの育毛シャンプーが3,000~4,000円で購入できます。

 

 

時間がなく、生活スタイルの改善も難しく、

それでいてお金もそこまでかけたくない。

 

 

これは私のわがままでしたが、

そんな希望をきちんと叶えてくれたのが育毛シャンプーです。

 

 

とはいえ、良いことだらけではなく、

もちろんデメリットもあります。

 

 

それは、価格に見合った成分量であるということです。

 

 

これはシャンプーに限らず、

どのような商品にも言えることですが、

成分量と価格は比例する傾向にあります。

 

 

例えば性能が良い家電製品を買おうと思えば、

やはり価格も高くなっていきますし、

逆に安さだけを追求すれば、

性能が低い商品を選ばざるを得なくなるのと一緒です。

 

 

ですので、育毛シャンプーはあくまで、

効果と価格がそれなりでもかまわないという方向けになります。

 

 

私はそこまで給料も高くありませんし、

毎月の負担にならない程度でケアできれば良いと思っていました。

 

 

それが見事に育毛シャンプーとマッチしたということになります。

 

 

 

>>私がおすすめしている育毛シャンプー5選はこちら<<

 

 

 

 

 

タグ :    

頭皮と抜け毛 頭皮と脂分    コメント:0

頭皮の脂が過多に出る原因とは?出しすぎを抑えたい方へ

読了までの目安時間:約 14分

 

私達の頭皮には、皮脂と呼ばれる脂が付着しており、

頭皮がダメージを受けるのを防いでいます。

 

 

この皮脂の量は、私達の体の仕組み上、

一定の量になるように調整されており、

バランスを保つようにできているのです。

 

 

ですが、私達の健康状態によっては、

皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、

 

  • 脂のような臭いが出てくる
  • 細菌が繁殖しやすくなる
  • 脂分の多いフケが目立つようになる

 

など、良くない影響が出てくるのです。

 

 

これらの中で最も気づきやすいのは、

フケが目立つことです。

 

 

例えばあなた自身、あるいはあなたの周りに、

服の襟の部分に大きめのフケが付いているのを

見たり、あるいは指摘されたりしていないでしょうか?

 

 

少なくとも一人くらいは見たことがあるでしょう。

 

 

これが最もわかりやすい例です。

 

 

髪をきちんと洗っているのにも関わらずフケが多い場合、

皮脂が過剰に分泌されている可能性が高いです。

 

 

更に、この過剰分泌が続いていくると、

毛根のダメージへと繋がり、

最終的に抜け毛が目立ってくるようになります。

 

 

先程の症状に心当たりがある場合は、

早めの対策をして頭皮を良い状態にしておくのが望ましいでしょう。

 

 

>>私が行っている頭皮のケア対策はこちら<<

 

 

 

頭皮の脂が過多に出る原因とは?その対策はできるのか?

 

では皮脂が過剰に分泌される原因は、

どのようなものが考えられるのでしょうか?

 

 

それは一言で言えば、体に悪い生活をしていれば、

皮脂の過剰分泌が起きやすくなります。

 

 

例を挙げると、

 

  • 睡眠時間が短い
  • 食生活が偏っている
  • 不規則な生活
  • 強いストレス
  • お酒の飲みすぎ、タバコを吸う
  • 加齢によるもの

 

など、これらの原因があります。

 

 

加齢だけはどうしようもないことなので除外しますが、

それ以外に体に良くない生活を続けていると、

真っ先に起こるのが血流の悪化です。

 

 

私達は血液を循環させ、

酸素を始めさまざまな栄養素を運ぶことで

健康状態を維持しています。

 

 

これはもちろん頭皮も例外ではありません。

 

 

頭皮の場合は、血流が悪くなってくると、

栄養が行き渡りにくくなり、

異常を察知した頭皮が皮脂を過剰に分泌するのです。

 

 

この状態が続くと、頭皮が炎症を起こし、

乾燥状態になってくるのです。

 

 

これにより、皮脂が固形化され、

フケとなって落ちてきます。

 

 

また、皮脂が落ちてしまうということは、

頭皮を守る成分が少なくなってくるため、

髪の毛を育てる毛母細胞が外気にさらされ、

ダメージを受けやすくなり、抜け毛につながるのです。

 

 

ちなみに、毛母細胞が最もダメージを受ける要因として、

紫外線があります。

 

 

紫外線を長時間浴びるのは体に良くない

というイメージを持っている方も多いと思いますが、

もちろんこれは頭皮にも当てはまります。

 

 

 

以上が皮脂の過剰分泌、それに伴って起こる症状、

最終的に抜け毛につながるプロセスになります。

 

 

では、これらのプロセスを防ぎ、

頭皮のケアをするにはどのような方法がおすすめか?

 

 

そこで私がおすすめするのは、

育毛シャンプーを活用し、頭皮のダメージを防ぎつつ、

毛母細胞のケアをしていく方法です。

 

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

 

頭皮の皮脂の出しすぎを抑えたい方へおすすめ

 

皮脂の過剰分泌は、あなたの体の健康状態によります。

 

 

ですので、健康な食生活、睡眠を心がけ、

生活スタイルを見直すことである程度は改善できます。

 

 

ですが、現在ではそれもなかなか実践できない

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

例えば私の例をお話すると、

 

◯仕事の残業が多い職場

◯家事、育児も行っている

◯忙しいときは食事も手を抜いたりする

◯睡眠時間を削ってようやくプライベートの時間ができる

 

といった感じです。

 

 

これはあくまで私の場合ですが、

あなたが社会人であれば、

これらのケースに当てはまる部分があるのではないでしょうか?

 

 

例えば交代制の職場にいる場合は、

睡眠不足はつきものですし、不規則な生活になりがちです。

 

 

仕事をしながら家事、育児をしていれば、

自分の食事を適当に済ませたり、

睡眠不足に陥ることも珍しくありません。

 

 

仕事内容によっては、

人間関係などのストレスに悩まされることも多いでしょう。

 

 

そんな方にこそ、育毛シャンプーをおすすめします。

 

 

育毛シャンプーはこの皮脂の過剰分泌から抜け毛まで、

対策できる生薬が一通り含まれていることから、

外的な頭皮のケアに最適です。

 

 

そのケアのいち部をご紹介すると、

 

皮脂の過剰分泌  → 保湿効果がある生薬により、過剰分泌を防ぐ

頭皮の血流が悪化 → アミノ酸を配合し、血流を良くしてくれる

乾燥によるフケ  → 保湿効果がある生薬により、乾燥を防ぐ

頭皮が炎症する  → 炎症を抑える生薬を使用している

 

など、育毛シャンプーには例外なく

これらの生薬が含まれていることから、

頭皮のケアに最適と言えます。

 

 

最近では育毛シャンプーの価格もだいぶリーズナブルになり、

殆どのものが3,000円程度で購入することができるため、

まずは試してみたい!という方にもおすすめです。

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

 

知っておきたい育毛シャンプーのデメリットとは

 

とは言え、育毛シャンプーにも当然デメリットがあります。

 

 

それは、価格に見合った成分量であるということです。

 

 

同じような生薬を配合したものに育毛剤がありますが、

育毛シャンプーと育毛剤は微妙にニュアンスが違います。

 

 

それは、シャンプーと一体になっているか、

それとも別のものとして扱っているかです。

 

 

育毛剤の方が成分量が多いため、

成分量にこだわるのであれば、

育毛シャンプーは不向きということです。

 

 

まず育毛剤は、シャンプーをして髪を洗い流したあと、

育毛成分の液体を頭皮に浸すようなイメージです。

 

 

液体もドロッとしているものが多く、

ゆっくりと頭皮に浸透していきます。

 

 

繰り返しになりますが、シャンプーに混ぜていない分、

含まれている生薬の量も多いのが特徴です。

 

 

もちろん、成分量が多い分価格も高く、

大抵のものが1ヶ月分の数量で1万円以上、

高いものであれば2万円を超えるのも珍しくありません。

 

 

ですので、価格を二の次に考え、

成分量を重視する場合の方向けと言えます。

 

 

これに対して育毛シャンプーは、

含まれている生薬こそある程度共通しているものの、

シャンプーに混ぜている分、成分量は育毛剤よりも少なくなります。

 

 

価格も育毛剤の半額以下に抑えることができるため、

効果、価格の両方のバランスをとりたい方向け

というイメージになります。

 

 

また、育毛剤と同様に生薬特有の匂いがありますが、

シャンプーに混ぜている分、そこまで気になりません。

 

 

 

 

以上が両者の違いになりますが、

私の場合は毎月何万円も出費するのは少し・・・という感じでしたし、

そこまで抜け毛がひどくなっていなかったので、

まずは育毛シャンプーから試してみることにしました。

 

 

その他にも、デザイン面と返金保証など、

私から見て納得できる部分が多かったのもポイントです。

 

 

まずデザイン面ですが、育毛系の商品を使っているのって、

人にあまり知られたくないって思いませんか?

 

 

私は自分でも意味不明なプライドがあり、

育毛商品を使っているのは、

基本的に知られたくありませんでした。

 

 

家族にも知られたくなかったのですが、

結局バレてしまいました(笑)

 

 

最近の育毛シャンプーは、見た目では全くわからないほど、

デザイン面もこだわって作られており、

このように配慮されているのが個人的に気に入りました。

 

 

次に割引に関してですが、

以前は高額な商品にしか付いていない返金保証ですが、

最近では育毛シャンプーでも付いているケースが多いです。

 

 

あるいは返金保証がなくても、初回の購入価格が

非常に安く設定されてたりと、

購入する上でのハードルが非常に低くなっています。

 

 

ですので、お試しで購入したとしても、

失敗してお金を損するのを防ぐことができます。

 

 

私が育毛シャンプーを選択したのは、

こういった理由もあります。

 

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

タグ :    

頭皮と脂分    コメント:0

頭皮の脂分が増えたと感じたら?その原因は髪の抜け毛につながるかも

読了までの目安時間:約 14分

 

私達の頭皮には、乾燥を防ぎ、外的な要因から守るために、

皮脂と呼ばれる脂分によって覆われています。

 

 

これにより、頭皮の毛母細胞がダメージを受けるのを

防いでくれます。

 

 

この皮脂は私達の体の仕組み上、

常に一定の量になるように、

バランス良く分泌量が調整されています。

 

 

もしあなたが頭皮が脂っぽく感じる、

あるいは頭皮がベタベタすると感じているのであれば、

この皮脂のバランスが崩れてしまい、

過剰に分泌されている可能性があります。

 

 

これにはさまざまな原因が考えられますが、

一言で言えば、体に悪い行動をしている場合に、

過剰に分泌されるケースが多いです。

 

 

一例を挙げると、

 

  • 睡眠時間が短め
  • 過度の飲酒、タバコ
  • 加齢によるもの
  • 不規則な生活
  • 食生活の偏り
  • 常にストレスを感じている

 

などです。

 

 

頭皮が脂っぽく感じている上で、

このような生活習慣に心当たりがあるようであれば、

それは頭皮がダメージを負っている可能性があります。

 

 

では、これをそのまま放っておくとどうなるのか?

 

 

最終的に抜け毛、薄毛の症状につながっていきます。

 

 

>>私がおすすめする抜け毛の症状解消はこちら<<

 

 

 

頭皮の脂分が増える仕組みとその原因

 

頭皮が脂っぽくなっているのは、

先程挙げた原因により起こる血行不良によって、

頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなっていることから起こります。

 

 

頭皮に重要な栄養が行かない場合、

炎症を起こしてしまい、赤くなってきます。

 

 

もし可能であれば、自分で頭皮を一度、

鏡で確認してみると良いでしょう。

 

 

あるいは血行不良による影響を受けやすい後頭部などを、

家族や知人に確認してもらうのも良いかもしれません。

 

 

赤みを帯びているのであれば、

炎症を起こしていると一発で判断できます。

 

 

では、この炎症を放っておくとどうなるのか?というと、

頭皮がだんだんと乾燥し、フケが多くなってきます。

 

 

フケは皮脂が固形化したものであり、

本来は液状で頭皮を守るために存在するのです。

 

 

それが固形化し、フケとなって落ちてくるということは、

頭皮を守るものがなくなってくるということです。

 

 

これを防ぐために体が反応し、

皮脂が過剰に分泌されることになります。

 

 

この時点ではバランスよく分泌されることはなく、

本来の必要な量を超えてしまいます。

 

 

これが頭皮が脂っぽくなっている原因です。

 

 

また、頭皮を守る部分がなくなってしまうということは、

髪の毛を維持するための毛母細胞がダメージを受け、

抜け毛などの症状につながっていきます。

 

 

つまり、頭皮の脂分が増えている時点で、

抜け毛が増える、頭皮が赤くなっているなどの症状が、

すでに出ている可能性があります。

 

 

頭皮に異常を感じたのであれば、

早めに対策を行うべきでしょう。

 

 

これはどのような症状にも言えることですが、

体に異常を感じた場合は、できる限り早めに

対処することでダメージを少なくすることができます。

 

 

>>私がおすすめする抜け毛の症状解消はこちら<<

 

 

 

頭皮の脂分が増える原因に対処するならこれがおすすめ

 

 

私が考えた対処法は、

 

・価格も抑えながら

・なおかつあまり人に知られずに、

・生活スタイルをあまり変えることなく

・対処できる方法

 

という感じです。

 

 

一通り書いていて思いましたが、

我ながらかなりわがままな方法ですね(笑)

 

 

とは言え、この対処方法。

 

 

なんとなくわかっていただけるのではないでしょうか?

 

 

抜け毛や頭皮が赤いのを、

できる限り他人には知られたくないですし、

人によっては家族に知られたくないかもしれません。

 

 

また、私は仕事上接客の業務を行いますが、

クレームを出してくるお客さんもそれなりにいますので、

ストレスが溜まることもあります。

 

 

更に仕事が忙しければ、

残業によって不規則な生活、食事に手を抜いたりもしますし、

そう考えた場合、生活スタイルを完全に良くするのも難しいです。

 

 

そのような私ですが、一番しっくり来たのは、

育毛シャンプーを使用することです。

 

 

育毛シャンプーは、先程お伝えした症状に対して、

効果がある生薬が一通り含まれています。

 

 

例えば、

 

  • 頭皮の乾燥 → 保湿効果がある生薬を使用
  • 頭皮の炎症 → 炎症を防ぐ生薬を使用
  • 血行不良  → 血行を改善する栄養を含む
  • 過剰な皮脂 → 脂を取り除き、毛母細胞をきれいにする

 

など、どの症状に対しても、

対応するための生薬を含んでいるため、

シャンプーで髪を洗いつつ、頭皮のケアを行うことができます。

 

 

それでいて、価格もそこまで高くなく、

殆どのものが数千円程度で購入することができる。

 

 

更に最近の育毛シャンプーは、

見た目も普通のシャンプーと変わらず、

育毛成分が入っていると気づかれることもないです。

 

 

わがままな私の要望を叶えてくれたのが、

育毛シャンプーです。

 

 

 

>>私がおすすめする抜け毛の症状解消はこちら<<

 

 

 

髪の抜け毛を防ぐ育毛シャンプーの注意点とは?

 

 

 

育毛シャンプーの使用は、

私にとってベストな選択だったと思います。

 

 

とは言え、もちろん育毛シャンプーに

欠点がないわけではありません。

 

 

それは、価格が抑えられている分、

成分量では育毛剤に劣るという点です。

 

 

育毛剤と育毛シャンプーを混同している人もいますが、

似ているようで微妙に異なります。

 

 

含まれている成分は殆ど一緒ではありますが、

育毛剤は成分量が多く、それでいて効果も高く、

更に言えば価格も高めに設定されています。

 

 

通常価格が1万円を超えるものが多く、

高ければ2万円台になるものも珍しくありません。

 

 

価格の面はデメリットですが、

その分生薬を原液に近い形で配合しているため、

成分量と効果の高さがウリと言えます。

 

 

育毛シャンプーはこの逆で、

生薬をシャンプーに混ぜている状態ですので、

結果的に薄まることになり、

成分量では劣るイメージです。

 

 

ですので、効果の高さ、成分量を重視するのであれば、

育毛剤の方がおすすめと言えるでしょう。

 

 

どちらを選ぶかは人それぞれになりますが、

私の場合は育毛シャンプーをおすすめしています。

 

 

 

私が育毛シャンプーをおすすめする理由は?

 

 

私の場合は、リーズナブルな価格設定で、

毎月続けることができる育毛シャンプーを選択しました。

 

 

どんなにすぐれたものであっても、

一定期間続けられなければ意味がないと思っていましたし、

金銭的な部分の理由が大きかったです。

 

 

また、育毛剤は価格が高い分、

ほとんどの商品に返金保証が付いていましたが、

最近では育毛シャンプーにも返金保証が付くようになりました。

※昔はシャンプーに付いていないものが多かったようです。

 

 

ですので、効果が得られずに金銭的な損をした

ということが無くなりました。

 

 

返金保証が育毛シャンプーにも付いてきたのは、

大きなポイントだと言えるでしょう。

 

 

そしてもう一つ育毛シャンプーにした理由。

 

 

それは生薬特有の匂いです。

 

 

あの苦い匂いというか、鼻にツンと来るような感じ。

 

 

当然ですが、成分量が多く、

シャンプーに混ぜていない分、育毛剤の方が強く感じます。

 

 

匂いに敏感な人は一発で分かります。

 

 

私は身内にすら育毛関係の商品を使っていることを、

あまり知られたくないと思っていましたし、

できれば内緒で対処したかったです。

 

 

ですので、私にとっては

匂いも重要なポイントだったのです。

 

 

もちろん現在の育毛剤は改良がされており、

匂いもひどくはなくなってきています。

 

 

ですが、やはり育毛シャンプーとは違い、

生薬特有の匂いを感じてしまいます。

 

 

その点では、育毛シャンプーの方が優れています。

 

 

これが私が育毛シャンプーを選択した理由になります。

 

 

 

>>私がおすすめする抜け毛の症状解消はこちら<<

 

 

 

タグ :    

頭皮と脂分    コメント:0