頭皮,赤い,かゆい,痛い,原因,抜け毛

頭皮が赤い、かゆいは要注意!?原因と抜け毛を対策するべき!?

頭皮の脂が過多に出る原因とは?出しすぎを抑えたい方へ

読了までの目安時間:約 14分

 

私達の頭皮には、皮脂と呼ばれる脂が付着しており、

頭皮がダメージを受けるのを防いでいます。

 

 

この皮脂の量は、私達の体の仕組み上、

一定の量になるように調整されており、

バランスを保つようにできているのです。

 

 

ですが、私達の健康状態によっては、

皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

 

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、

 

  • 脂のような臭いが出てくる
  • 細菌が繁殖しやすくなる
  • 脂分の多いフケが目立つようになる

 

など、良くない影響が出てくるのです。

 

 

これらの中で最も気づきやすいのは、

フケが目立つことです。

 

 

例えばあなた自身、あるいはあなたの周りに、

服の襟の部分に大きめのフケが付いているのを

見たり、あるいは指摘されたりしていないでしょうか?

 

 

少なくとも一人くらいは見たことがあるでしょう。

 

 

これが最もわかりやすい例です。

 

 

髪をきちんと洗っているのにも関わらずフケが多い場合、

皮脂が過剰に分泌されている可能性が高いです。

 

 

更に、この過剰分泌が続いていくると、

毛根のダメージへと繋がり、

最終的に抜け毛が目立ってくるようになります。

 

 

先程の症状に心当たりがある場合は、

早めの対策をして頭皮を良い状態にしておくのが望ましいでしょう。

 

 

>>私が行っている頭皮のケア対策はこちら<<

 

 

 

頭皮の脂が過多に出る原因とは?その対策はできるのか?

 

では皮脂が過剰に分泌される原因は、

どのようなものが考えられるのでしょうか?

 

 

それは一言で言えば、体に悪い生活をしていれば、

皮脂の過剰分泌が起きやすくなります。

 

 

例を挙げると、

 

  • 睡眠時間が短い
  • 食生活が偏っている
  • 不規則な生活
  • 強いストレス
  • お酒の飲みすぎ、タバコを吸う
  • 加齢によるもの

 

など、これらの原因があります。

 

 

加齢だけはどうしようもないことなので除外しますが、

それ以外に体に良くない生活を続けていると、

真っ先に起こるのが血流の悪化です。

 

 

私達は血液を循環させ、

酸素を始めさまざまな栄養素を運ぶことで

健康状態を維持しています。

 

 

これはもちろん頭皮も例外ではありません。

 

 

頭皮の場合は、血流が悪くなってくると、

栄養が行き渡りにくくなり、

異常を察知した頭皮が皮脂を過剰に分泌するのです。

 

 

この状態が続くと、頭皮が炎症を起こし、

乾燥状態になってくるのです。

 

 

これにより、皮脂が固形化され、

フケとなって落ちてきます。

 

 

また、皮脂が落ちてしまうということは、

頭皮を守る成分が少なくなってくるため、

髪の毛を育てる毛母細胞が外気にさらされ、

ダメージを受けやすくなり、抜け毛につながるのです。

 

 

ちなみに、毛母細胞が最もダメージを受ける要因として、

紫外線があります。

 

 

紫外線を長時間浴びるのは体に良くない

というイメージを持っている方も多いと思いますが、

もちろんこれは頭皮にも当てはまります。

 

 

 

以上が皮脂の過剰分泌、それに伴って起こる症状、

最終的に抜け毛につながるプロセスになります。

 

 

では、これらのプロセスを防ぎ、

頭皮のケアをするにはどのような方法がおすすめか?

 

 

そこで私がおすすめするのは、

育毛シャンプーを活用し、頭皮のダメージを防ぎつつ、

毛母細胞のケアをしていく方法です。

 

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

 

頭皮の皮脂の出しすぎを抑えたい方へおすすめ

 

皮脂の過剰分泌は、あなたの体の健康状態によります。

 

 

ですので、健康な食生活、睡眠を心がけ、

生活スタイルを見直すことである程度は改善できます。

 

 

ですが、現在ではそれもなかなか実践できない

という方も多いのではないでしょうか?

 

 

例えば私の例をお話すると、

 

◯仕事の残業が多い職場

◯家事、育児も行っている

◯忙しいときは食事も手を抜いたりする

◯睡眠時間を削ってようやくプライベートの時間ができる

 

といった感じです。

 

 

これはあくまで私の場合ですが、

あなたが社会人であれば、

これらのケースに当てはまる部分があるのではないでしょうか?

 

 

例えば交代制の職場にいる場合は、

睡眠不足はつきものですし、不規則な生活になりがちです。

 

 

仕事をしながら家事、育児をしていれば、

自分の食事を適当に済ませたり、

睡眠不足に陥ることも珍しくありません。

 

 

仕事内容によっては、

人間関係などのストレスに悩まされることも多いでしょう。

 

 

そんな方にこそ、育毛シャンプーをおすすめします。

 

 

育毛シャンプーはこの皮脂の過剰分泌から抜け毛まで、

対策できる生薬が一通り含まれていることから、

外的な頭皮のケアに最適です。

 

 

そのケアのいち部をご紹介すると、

 

皮脂の過剰分泌  → 保湿効果がある生薬により、過剰分泌を防ぐ

頭皮の血流が悪化 → アミノ酸を配合し、血流を良くしてくれる

乾燥によるフケ  → 保湿効果がある生薬により、乾燥を防ぐ

頭皮が炎症する  → 炎症を抑える生薬を使用している

 

など、育毛シャンプーには例外なく

これらの生薬が含まれていることから、

頭皮のケアに最適と言えます。

 

 

最近では育毛シャンプーの価格もだいぶリーズナブルになり、

殆どのものが3,000円程度で購入することができるため、

まずは試してみたい!という方にもおすすめです。

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

 

知っておきたい育毛シャンプーのデメリットとは

 

とは言え、育毛シャンプーにも当然デメリットがあります。

 

 

それは、価格に見合った成分量であるということです。

 

 

同じような生薬を配合したものに育毛剤がありますが、

育毛シャンプーと育毛剤は微妙にニュアンスが違います。

 

 

それは、シャンプーと一体になっているか、

それとも別のものとして扱っているかです。

 

 

育毛剤の方が成分量が多いため、

成分量にこだわるのであれば、

育毛シャンプーは不向きということです。

 

 

まず育毛剤は、シャンプーをして髪を洗い流したあと、

育毛成分の液体を頭皮に浸すようなイメージです。

 

 

液体もドロッとしているものが多く、

ゆっくりと頭皮に浸透していきます。

 

 

繰り返しになりますが、シャンプーに混ぜていない分、

含まれている生薬の量も多いのが特徴です。

 

 

もちろん、成分量が多い分価格も高く、

大抵のものが1ヶ月分の数量で1万円以上、

高いものであれば2万円を超えるのも珍しくありません。

 

 

ですので、価格を二の次に考え、

成分量を重視する場合の方向けと言えます。

 

 

これに対して育毛シャンプーは、

含まれている生薬こそある程度共通しているものの、

シャンプーに混ぜている分、成分量は育毛剤よりも少なくなります。

 

 

価格も育毛剤の半額以下に抑えることができるため、

効果、価格の両方のバランスをとりたい方向け

というイメージになります。

 

 

また、育毛剤と同様に生薬特有の匂いがありますが、

シャンプーに混ぜている分、そこまで気になりません。

 

 

 

 

以上が両者の違いになりますが、

私の場合は毎月何万円も出費するのは少し・・・という感じでしたし、

そこまで抜け毛がひどくなっていなかったので、

まずは育毛シャンプーから試してみることにしました。

 

 

その他にも、デザイン面と返金保証など、

私から見て納得できる部分が多かったのもポイントです。

 

 

まずデザイン面ですが、育毛系の商品を使っているのって、

人にあまり知られたくないって思いませんか?

 

 

私は自分でも意味不明なプライドがあり、

育毛商品を使っているのは、

基本的に知られたくありませんでした。

 

 

家族にも知られたくなかったのですが、

結局バレてしまいました(笑)

 

 

最近の育毛シャンプーは、見た目では全くわからないほど、

デザイン面もこだわって作られており、

このように配慮されているのが個人的に気に入りました。

 

 

次に割引に関してですが、

以前は高額な商品にしか付いていない返金保証ですが、

最近では育毛シャンプーでも付いているケースが多いです。

 

 

あるいは返金保証がなくても、初回の購入価格が

非常に安く設定されてたりと、

購入する上でのハードルが非常に低くなっています。

 

 

ですので、お試しで購入したとしても、

失敗してお金を損するのを防ぐことができます。

 

 

私が育毛シャンプーを選択したのは、

こういった理由もあります。

 

 

 

>>私が実際に試した育毛シャンプーおすすめベスト5はこちら<<

 

 

タグ :    

頭皮と脂分    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: