頭皮,赤い,かゆい,痛い,原因,抜け毛

頭皮が赤い、かゆいは要注意!?原因と抜け毛を対策するべき!?

ハゲは血行の悪化かも。頭皮の薄毛を良くするために必要なものは?

読了までの目安時間:約 10分

 

髪の毛が薄くなっている場合、

血流が悪くなっていることが原因のケースが多いです。

 

 

私の弟も一時期、部屋には大量の髪の毛が落ちており、

いつかハゲになるんじゃないかと心配していました。

 

 

そのときの経験をもとにお話していきます。

 

 

まず真っ先に気づいたのは、

頭皮が赤くなっているということです。

 

 

弟自身も自分で頭皮を見ることなんてなかったので、

本人は全く気づいていなかったようですが、

薄っすらと赤みがかかっているのが分かりました。

 

 

これは、頭皮が炎症を起こしており、

乾燥をしている状態です。

 

 

また、血行が悪化してしまうと、

炎症、感想によるフケ、かゆみなどの症状も起こります。

 

 

実際に弟の場合、抜け毛のほかに、

フケの量が明らかに多くなっていました。

 

 

これが血行が悪くなっていることによる

抜け毛のプロセスであり、早めの対応が必要です。

 

 

>>私がおすすめした抜け毛対策シャンプー一覧はこちら<<

 

 

ハゲは血行の悪化によるもの。どのように対処する?

 

血行が悪くなる原因を挙げてみると、

このようなものです。

 

 

  • 食事のバランスが悪い
  • 不規則な生活を送っている
  • 睡眠時間が短い
  • 強いストレスを感じている
  • 加齢によるもの
  • 過度の飲酒、タバコ

 

 

いかがでしょうか?

 

 

これらのうち、複数当てはまるようであれば、

血行が悪くなる可能性が高いです。

 

 

ちなみに私の弟の場合は、

当時ブラック企業に努めていましたので、

ストレスが一番の原因だったと思います。

 

 

これらの問題は自分である程度は対処することも可能ですが、

私の弟のように、社会人として仕事をしているのであれば、

すべて改善するのは難しいです。

 

 

例えば、交代制の仕事をしているのであれば、

不規則な生活は当たり前ですので、

仕事をやめない限り解消されることはないでしょう。

 

 

バランスの良い食事を心がけようとしても、

仕事に追われて満足に食事を作れない方であれば、

食事のバランスが悪くなることもありえます。

 

 

このように、自分の生活スタイルを変えようとしても、

なかなか変えることが難しい。

 

 

でも抜け毛、ハゲには悩まされたくない。

 

 

そこで私が弟におすすめしたもの、

それは育毛シャンプーの使用です。

 

 

 

 

>>私がおすすめした抜け毛対策シャンプー一覧はこちら<<

 

 

頭皮の薄毛を良くしていくには育毛シャンプーが最適

 

育毛シャンプーであれば、血行を良くする成分はもちろん、

頭皮の炎症を抑える成分、乾燥を防ぐ成分。

 

 

ほとんどのシャンプーにこれらが含まれていますので、

普通のシャンプーをこれに変えるだけで抜け毛の対策ができます。

 

 

頭皮の血行が悪化し、赤くなっている時点で、

頭皮がかなりダメージを受けている状態ですので、

早めに対処するのが望ましいです。

 

 

私が育毛シャンプーをおすすめする理由は3つあります。

 

 

まず1つは、価格がリーズナブルであることが挙げられます。

 

 

同じような効果を持つもので真っ先に思いつくのが

育毛剤ですが、育毛剤はシャンプーよりも

成分量が多いのが魅力である分、価格も高いです。

 

 

安くても1万円以上、高いものであれば2万円以上しますので、

なかなか手が出しにくいというデメリットがありました。

 

 

その点育毛シャンプーは、育毛剤の半額以下で購入できるもの

ほとんどですので、まずは試してみたいという方にもおすすめできます。

 

 

2つ目は匂いです。

 

 

育毛剤も育毛シャンプーも生薬を配合しているため、

どうしても生薬特有の匂いが出てきます。

 

 

育毛剤に関しては成分量が多い分、匂いも強いのですが、

育毛シャンプーはあくまでシャンプーに生薬を混ぜているので、

その分育毛剤よりも匂いが抑えられています。

 

 

最近では育毛剤もだいぶ改良されており、

そこまで気にならなくなってきましたが、

それでも生薬の匂いは一発で分かります。

 

 

そういう意味でも、シャンプーのほうがおすすめです。

 

 

最後は見た目のイメージです。

 

 

これは地味に嬉しい部分ですが、

最近のシャンプーは普通のシャンプーと全く見分けがつかないほど、

デザイン面でもこだわりがあります。

 

 

種類によっては普通のシャンプーよりも、

デザイン面で優れていたりします。

 

 

人によっては育毛シャンプーを使っているのを

絶対に知られたくない方もいるでしょうし、

実際に私の弟もそうでした。

 

 

デザイン面でもこだわりがある分、

現在では見た目の心配は全く不要です。

 

 

以上3つが育毛シャンプーのおすすめポイントです。

 

 

育毛シャンプーとお金の心配。どういう対応をすれば良い?

 

とは言え、価格がリーズナブルになったといっても、

効果が実感できないとなれば、単純に金銭的な損をするイメージがあります。

 

 

普通のシャンプーよりは価格が高いので、

その点も心配ですよね。

 

 

実際に無名の育毛シャンプーを購入したときに、

数週間使用しても全く症状が変わらず、

本当に損をした気分になりました。

 

 

そんな方におすすめするのが、

返金保証付きの商品を購入する方法です。

 

 

返金保証は価格が高い育毛剤などに付いていましたが、

育毛シャンプーにはあまり採用されていませんでした。

 

 

ですので、試したいと思っても、

一回は自腹で購入しなければならなかったのです。

 

 

ですが、最近では返金保証付きの育毛シャンプー、

返金保証が付いていなくても、初回の購入費用が、

非常に安く設定されているものも多いです。

 

 

こういった金銭的な面でも、

昔よりもだいぶ育毛シャンプーが購入しやすくなりました。

 

 

>>私がおすすめした抜け毛対策シャンプー一覧はこちら<<

 

 

 

タグ :    

ハゲと血行    コメント:0

頭皮の血行が悪いと炎症を起こす!?その対処方法は?

読了までの目安時間:約 10分

 

頭皮が赤みを帯びているということは、

頭皮に血行がうまく行き渡っていない可能性が高いです。

 

 

血行が悪い=体にあまり良くない症状ということは、

なんとなく知っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

頭皮に限らず、私達は血液の流れによって

必要な栄養を各器官まで運び、

生命活動を維持しています。

 

 

ですので、健康を良好に保つためには、

血行は欠かせないと言えるでしょう。

 

 

では頭皮の場合、血行が悪くなり、

十分な栄養が行き渡らなければどうなるのか?

 

 

それは、炎症を起こしてしまい、

頭皮がダメージを受けやすくなってしまうことになります。

 

 

これは最終的に抜け毛の症状につながっていくことになりますので、

以下の症状に心あたりがある場合は、

早急に改善することをおすすめします。

 

 

 

  • 頭皮が痒くなることが多い
  • 赤みを帯びている
  • 不規則な生活、食事をしている
  • 睡眠時間が短い
  • きちんと髪を洗っているのにフケが多い

 

 

などです。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

もしあなたがこれらの症状や生活習慣に心当たりがあるのであれば、

頭皮の血行が悪くなっている可能性があるため、

早急に対策をしておくべきです。

 

 

>>私がおすすめする頭皮のケアシャンプー5選はこちら<<

 

 

 

頭皮の血行が悪いと炎症を起こす

 

 

私達は体の仕組み上、心臓を起点として

血液の循環を行っています。

 

 

ですので、心臓から下の部分である手や足などは、

血行不良が起こりにくい部分と言えます。

 

 

ですが、心臓から上にある頭などは、

血液を循環させるのに、相応のエネルギーが必要であり、

血行不良の影響が真っ先に出てくる場所でもあります。

 

 

単純に重力の問題と言えばよいでしょうか。

 

 

特に頭皮は人間の体の一番上にありますので、

その影響を受けやすいと言えるでしょう。

 

 

繰り返しになりますが、血行が悪くなってくると、

頭皮に十分な栄養が行き渡りにくくなり、

赤みを帯びてきます。

 

 

それは頭皮が炎症を起こしている証拠であり、

乾燥を起こし、皮膚がボロボロになってしまいます。

 

 

これがいわゆるフケとなります。

 

 

きちんと髪を洗っているのにフケが多いのは、

頭皮が炎症を起こし、皮膚が落ちてしまっているためです。

 

 

乾燥肌の人であれば、なんとなくわかると思いますが、

乾燥している人って、白い粉が出てきますよね?

 

 

頭皮が赤みを帯びている → 頭皮が炎症 → 頭皮が乾燥し、フケが多くなる

 

 

こういうイメージです。

 

 

 

頭皮の炎症を防ぐための対処方法は?

 

その原因がわかっているのであれば、

あとはなんとなくイメージが出てくると思います。

 

 

頭皮に対する血行を良くすれば良い。

 

 

普通に考えればそういう結論になりますよね?

 

 

そこで私が試した方法は、

育毛シャンプーの使用です。

 

 

育毛と聞いただけで大半の人は嫌がるようですが、

頭皮が赤みを帯び、炎症を起こしている時点で、

頭皮はかなりのダメージを負っており、

できる限り早めに対策をする必要があります。

 

 

そんなときに育毛シャンプーはうってつけです。

 

 

>>私がおすすめする頭皮のケアシャンプー5選はこちら<<

 

 

まず育毛シャンプーは、先程の症状に対して、

効果的な生薬をほぼ全て含んでいます。

 

 

例えば、

 

乾燥   → 保湿効果がある生薬

血行不良 → アミノ酸で血行を良くしてくれる

炎症   → やけどなどの症状を軽くしてくれる成分を含む

 

など、ほとんどの育毛シャンプーに含まれていますので、

これらの症状と非常に相性がよく、

効果を発揮してくれます。

 

 

 

また、育毛と聞いて毛嫌いする人もいるかも知れませんが、

実は最近のシャンプーはボトルのデザインにまでこだわりがあり、

ひと目見ただけでは育毛成分が入っているとは全くわかりません。

 

 

また、匂いを気にする方も多いようですが、

最近の育毛シャンプーは、

言われなければわからないほど匂いも抑えられており、

普通のシャンプーと変わらない感覚でしようすることができます。

 

 

 

 

 

育毛シャンプーと育毛剤の違いとは?

 

 

抜け毛の症状と言えば、育毛剤をイメージする方も多く、

その違いがわからないという方もいるでしょう。

 

 

というより、テレビCMなどで紹介されているのは、

どちらかと言えば育毛剤の方が多かったので、

育毛シャンプーの存在を知らないという人もいるかも知れませんね。

 

 

では、これらの2つはどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

実は根本的な部分は同じですが、

成分量、価格で違いがあります。

 

 

まず育毛剤ですが、シャンプーで洗い流した上で、

育毛成分を流し込むイメージです。

 

 

シャンプーよりも成分量も多いので、

効果を重視する方向けですが、その分価格も高く、

1万円を超えるものが多いです。

 

 

また、シャンプーと別になっている分、

種類によっては匂いもあります。

 

 

これに対して育毛シャンプーは、

シャンプーと育毛成分を合体させたもので、

成分量は少し抑えられています。

 

 

匂いはそこまで強くなく、

価格も育毛剤の半額以下になっており、

リーズナブルなイメージです。

 

 

まずは試したい方向けでしょうか。

 

 

まとめると、

 

育毛剤・・・成分量が多い、価格が高い、基本的にシャンプーのあとに使用する

育毛シャンプー・・・成分量が抑えられている分価格もリーズナブル、

          髪を洗いつつ育毛成分を取り入れる

 

 

といった感じです。

 

 

最近は育毛剤、育毛シャンプーともに返金保証が付いていたり、

初期価格kが抑えられているものが多く、

お試しで購入することもできるようになりました。

 

 

まずは試してみたいという方は、

育毛シャンプーの方がおすすめできます。

 

 

>>私がおすすめする頭皮のケアシャンプー5選はこちら<<

 

 

タグ :   

頭皮と抜け毛 頭皮と血行    コメント:0